10代から30代に後悔のない人生を > 20代で知りたい事 > 小さい頃の夢はお父さんとドライブだった

小さい頃の夢はお父さんとドライブだった

私が小学校低学年だった45年前は、まだそんなに車が普及していませんでした。父は運転免許を持っていませんでした。もちろん車もありませんでした。

学校で友人から「お父さんと車で出かけて釣りをした。」話を聞いてからとういうもの羨ましくて仕方がありませんでした。大好きなお父さんが運転する車で一緒に釣りに行きたかった。

あまりに思うものですから、夢にまでみるほどでした。その夢の内容は今でも覚えています。

あまり物を欲しがる子供ではなかったのですが、母にも、父にも毎日のようにお願いして困らせてしまいました。

比較的若い年齢で責任あるポジションにいた父は運転免許を取る余裕がなかったのでしょう。何回か好きなゴルフを我慢して教習所に通おうと検討していたみたいですが、当時はまだ土曜が休みでなかった事もあって、結局私の夢は叶う事なく大人になってしまいました。

家に車が来たのは私が大学2年生の時に免許を取ってからです。逆に父を乗せてゴルフ場に送っていったりしていました。

ま、ここで何を言いたいかというと、あなたのお子さんもドライブに行きたいかも知れない。

だから「免許は若いうちに取っておく。」方がいいでしょうね。ぜひ検討ください。






同ジャンル関連ページ