10代から30代に後悔のない人生を > 10代で知りたい事 > 文系学生にIT系エンジニアはおススメです

文系学生にIT系エンジニアはおススメです

0a3dae3989031cc2168cfcfafb123b96_s

通常「エンジニア」と聞くと、理系?と思われがちですけど、文系でも就業できるエンジニア職があります。

それは・・・ITエンジニアです。

何故文系大学出身者でもITエンジニアになれるかというと、ぶっちゃけ簡単な仕事だからです。

その割りには仕事もたくさんあって、理系だけでは手が足りなくなるのが明白ですから、文系学生にも声が掛かります。

入社すると集合教育が3ヶ月くらいあります。この3ヶ月の講習で最低限の事は出来るようになります。IT関連の専門学校等に行く必要はありません。(出来た方がいい事ではありますが・・・)

全部会社が給与を払って教えてくれます。ありがたいです。

たった3ヶ月の講習で仕事ができるレベルになるわけですから、そんなに難しい仕事ではないのが解りますよね?

そして、配属されその後はOJTで覚えていきます。

私もITエンジニアでした、当時は大型汎用機がコンピューターのメインでした。一番使われていたのがCOBOLという言語でした。だから、COBOLプログラミング講習、OS講習、を3ヶ月みっちり受けて配属され、無事プログラマーになりました。

最初の仕事が某区役所の国民健康保険システムでした。当時官公庁が積極的に電子化をしていました。仕事は本当にたくさんありました。

しかも単価が良かったのです。新人の私が作成した帳票出力系のプログラム(3日くらいの仕事)で60万円とかした時代でした。(幸せですね。コレ)

今は、コンピューターのメインがPCですから、ここまで単価は高くないでしょう。しかもクラウド化が進み、サーバーアプリケーションが主体になっていますので、敷居は低くなってきています。

さて、理系エンジニアにも触れておきましょう。彼らはもっと難しい事をしています。上位ソフトのOS(オペレーティングシステム)開発、DBや関連ソフト開発、ハードウェア回路開発・・

つまり理系エンジニアが開発したツールを使って文系エンジニアは仕事をしているわけです。

ITは進化し続けています。常に新しいものを取り入れて挑戦的な会社を選ばれてください。

出来たから言えることでもあるのですが、文系学生にITエンジニアはおススメです。






同ジャンル関連ページ